浮気→別居→同居→浮気?で、婚姻費用が制限された事例

2017-07-01

浮気→別居→同居→浮気?という事情で、婚姻費用分担請求が権利濫用とされた事例をご紹介します。

 

大阪高等裁判所平成28年3月17日決定は、上記のとおり、一度妻の浮気で別居し、その後関係修復を目指して同居し、再び妻が別の男性と浮気をうかがわせるSNSをしていた事例について、SNSの内容から不貞行為が推認されると認定し、婚姻費用のうち妻の生活費は信義則あるいは権利濫用の見地から支払い請求を認めず、妻と同居する子供達の養育費分のみ請求を認めました。

 

この決定の原審となる神戸家庭裁判所平成27年11月27日審判は、同じSNSについて、一定程度親近感をうかがわせる内容ではあるが、不貞とまでは認定できないとして、婚姻費用の請求を認めています。

 

【当職の意見】

夫婦が別居する場合には、収入の多い方が収入の少ない方に婚姻費用を支払う必要があります(子供がいる場合は、養育費の関係で必ずしもそうはならない)。

 

しかし、請求側に不貞行為が認められる場合には信義則違反または権利濫用として婚姻費用の請求が認められないとするのが多くの裁判例です。

 

では、婚姻費用の争いで、どこまで不貞行為の認定に踏み込むのかというと、婚姻費用が日々の生活費であり早期に支払われる必要があるが、別居理由の詳細な認定をしていたのでは婚姻費用の支払いが遅れてしまい生活に支障をきたすため、離婚裁判ほどは詳細な認定をしないというのが多数意見と思われます。

 

その観点で、この事例をみると、SNSに具体的にどのようなことが書かれていたのか上記決定からは分からないが、原審と控訴審で判断が分かれていることからすれば、「不貞があったように思えるけど、確実とまではいえない」という程度の証拠だったのでしょう。

そうすると、そのような微妙な証拠に基づいて生活費を止めてしまっていいのか疑問です。

 

もっとも、一度浮気をして、それを許されておきながら、再度別の男と浮気をうかがわせるやりとりをしている人物の生活費を、浮気をされた夫に支払うように命じるのは酷だというのは理解できますし、たぶん大阪高裁の裁判官もそのような心情になったのでしょうが・・・

 

なお、上記決定を見ると証拠はSNSだけのようですので、SNSでどういうやりとりがあれば、裁判官は不貞を認めるのか興味がありますが、今のところ、どのような内容かは分かりません。

 

 

【関連コラム】

有責配偶者からの婚姻費用請求が制限される場合

離婚問題コラム目次

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
なごみ法律事務所
http://nagomilaw.com/
住所:〒104-0032 東京都中央区
八丁堀4-12-7サニービル5階A
TEL:03-5542-5210
弁護士 本 田 幸 則
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Copyright(c) なごみ法律事務所 All Rights Reserved.