相手が調停や裁判を欠席した場合

2015-10-10

1 相手が調停には出ないと言っても調停をしないといけないの?

離婚調停の申立を考えたけれど、相手は調停には出ないと言っている。
そんなときでも、原則として離婚調停を申立てる必要があります。
これを調停前置主義といいます(家事事件手続法257条1項)。

 

もっとも明らかに調停の場で話し合えないときは、例外的に調停を飛ばして離婚裁判を提起することができます(家事事件手続法257条2項ただし書き)。
この例外的な場合については、法律に明確な定めはありませんが、
・相手が行方不明
・生死不明の場合
・相手方が精神疾患などで話合いができる状態ではない
といった場合で、「相手が調停に出ないと言っている」程度では例外的場合にあたりません。

 

たまに「夫が刑務所に入ってるんですが、調停をしないといけませんか?」というご相談もありますが、この場合でも調停申立をする必要があります。
この場合、通常は、裁判所から刑務所宛に呼出状が届き、刑務所から「調停に出席するための付添の刑務官を確保できないため調停には出席できない」といった回答が来て、調停は1回で終わります。

 

2 相手が調停を欠席した場合

調停を申立てたけれど相手が欠席した場合、多くの場合は調停委員から「もう一度呼び出してみましょう」と言われ、第2回目の期日が決まります。
第2回も欠席した場合は調停不成立で終わります。
調停を取下げて終わってもかまいません。

 

3 相手が裁判を欠席した場合

相手が裁判も欠席した場合は、被告欠席のまま裁判が進みます。
民事裁判のように、被告が欠席だと自動的に原告の主張通りになるということはありません。
ですから、たとえ相手が欠席しても法律上必要な主張をし、それを裏付ける証拠を提出する必要があります。
場合によっては、あなたのみが尋問されることもあります。

 

あなたの主張とあなたが持っている証拠を出し終わると、裁判官が、あなたの主張に理由があるかどうかを判断します。
被告からの反論がないので、あなたに圧倒的に有利になりますが、しっかりと証拠を出さないと裁判官があなたの主張を認定してくれない可能性もあるので、しっかりと主張をし、証拠を提出しましょう。

 

なお、相手が刑務所にいる場合でも、訴状が刑務所に送られ、相手が争う意思がある場合は、相手から答弁書が届きます。

通常は、相手から証拠等が提出されることはないでしょうから、基本的には上記の相手が欠席した場合に近い形で裁判は進んで行きます。

4 判決が出たあと

判決が出たら2週間の不服申立(控訴)期間がありますが、おそらく不服申立はないでしょう。
そこで、2週間経ったら、裁判所に控訴状が出ているか確認し、出ていなければ判決の確定証明書を貰ってください。
これで離婚は成立するのですが、市区町村役場は離婚裁判をしていることを知らないので、このままでは戸籍上は結婚したままになってしまいます。
そこで、判決謄本と確定証明、離婚届(あなたの欄のみ記載)を市区町村役場に提出する必要があります。

 

【関連コラム】
男女問題コラム目次

 

 

 

Copyright(c) なごみ法律事務所 All Rights Reserved.