離婚と成人した子供

2015-10-06

離婚時にお子さんが成人している場合、親権等が問題になることはないため、問題となるのは戸籍の記載をどうするのかということのみです。
この場合、お子さんが結婚しているかどうか、父母のどちらの戸籍に載せたいかなどで手続が変わります。

 

1 お子さんが既に結婚しているか分籍している場合

お子さんが結婚している場合には、結婚時に独立した戸籍を作っているはずですから、両親が離婚しても何の影響もありません。

 

分籍している場合も同様です。
分籍とは、成人後に市区町村役場に申出て両親とは独立した戸籍を作ることです。
既に独立した戸籍を作っているので、両親の離婚に影響を受けません。

 

2 お子さんが現在同じ戸籍に記載されており、離婚後は現在の戸籍を抜ける父(母)の戸籍に入りたい場合

離婚をすると、結婚時に氏(姓、苗字、名字)を変えた方だけが現在の戸籍を抜けることになります。
そのため、お子さんを戸籍を抜けた方の親の戸籍に入れるには、お子さんが家庭裁判所で「子の氏の変更許可申立」をする必要があります。
裁判所の許可が出たら、その書類を持って市区町村役場に届け出ることでお子さんの戸籍を移すことができるようになります。
この手続をすることで、お子さんも戸籍を抜けた側の親の旧姓を名乗ることができます。

 

3 お子さんが現在の戸籍にとどまることを希望しているとき

お子さんが現在の戸籍にとどまりたいという場合、とくに手続は必要ありません。
離婚時には、結婚時に氏(姓、苗字、名字)を変えた方だけが現在の戸籍を抜けることになるからです。

 

4 お子さんがどっちの戸籍にも入りたくないと言っているとき

この場合、分籍をすれば、お子さんだけの戸籍を作ることができます。
分籍は市区町村役場で簡単に行うことができます。

 

【関連コラム】
男女問題コラム目次

 

Copyright(c) なごみ法律事務所 All Rights Reserved.