成人年齢が18歳になることと養育費の支払い終期の関係

2019-01-01

2022年から成人年齢が18歳になることが決まっています。
他方で、現在の裁判例では、実際に大学に進学しているような場合を除き、養育費の支払い終期を20歳までとしているものがほとんどです。

では、成人年齢が18歳になると、養育費の支払い終期も18歳になるのでしょうか?

 

結論から言うと、養育費の支払い終期は20歳までで変わらない可能性が高いです。

 

なぜなら、民法上の養育費支払い義務は、子供が「未成熟子」である限り認められます。

そして、「未成熟子」とは、経済的に自立できていない状態をいい、必ずしも「未成年」ではありません。

実際、本改正まで戦後はずっと成人年齢が20歳でしたが、養育費支払終期に関する裁判例を見てみると、戦後まもなくは15歳まで、高度経済成長期以降は18歳まで、昭和50年代ころから20歳までと変遷しています。

つまり、進学率の上昇とともに、未成熟子である期間も長くなり、結果的に成人年齢と一致するようになったにすぎません。

 

そうだとすれば、法改正により成人年齢が18歳になったとしても、大学進学率が大きく下がらない限り20歳のまま維持されるでしょう。

 

このことは、「民法の一部を改正する法律案に対する付帯決議」(平成30年6月12日 参議院法務委員会)の五1にも記載があります。

それほど長くないので引用します。

 

民法の一部を改正する法律案に対する付帯決議

五1 成年年齢と養育費負担終期は連動せず未成熟である限り養育費分担義務があることを確認するとともに、ひとり親家庭の養育費確保に向けて、養育費の取決め等について周知徹底するなど必要な措置を講ずること。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
なごみ法律事務所
http://nagomilaw.com/
住所:〒104-0032 東京都中央区
八丁堀4-12-7サニービル5階A
TEL:03-5542-5210
弁護士 本 田 幸 則
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Copyright(c) なごみ法律事務所 All Rights Reserved.