弁護士が役に立ったと思う交渉術⑤-プランBを考える

2018-08-29

交渉そのものではなく事前準備にあたりますが、今回は、プランBの必要性とプランの立て方について記載します。

 

1 プランBは絶対必要

 

プランBは、当初の交渉プラン(プランA)がうまくいかなかった時に実行する代替案です。

 

一般の方の交渉、あるいは、依頼者の方の希望をうかがっていて、「その主張をするのはいいけれど、相手が応じなかった場合どうするつもり?」と思うことが良くあります。

 

交渉は、相手があってするものですから、思い通りにいくとは限りません。

たとえ自分では妥当な案だとと思っても、相手が応じないということはよくあります。

 

そういった場合にどうするかということを考えておく必要があります。

 

また、プランBがあることで、プランAの交渉を自信をもって進めることができます。

 

2 プランBの要件

① 相手方の協力なく、単独で行える行為であること

プランBに絶対必要なことは、相手の協力がなくても実行できる行為であることです。

 

相手との交渉がうまくいっていれば、プランA、あるいは、交渉の流れの中で修正を加えたプランA2で話を進めればいいだけです。

でも、それではうまくいかない、相手が応じない場合にとる手段なのですから、プランBは、相手の協力なく実行できるプランである必要があります。

 

一番わかりやすいのが、

交渉(プランA)→決裂→裁判(プランB)

という流れです。

 

裁判をするにあたって相手の許可はいりませんから、相手が応じなければ、こっちが裁判を起こせばいいのです。

 

裁判に限らず、何か相手の協力なしで、一人でできることはないのかを検討してください。

 

② プランBを実行することで、現状より良い結果となること

これも当然のことではあるのですが、プランBを実行して今より状況が悪くなったのでは意味がありません。

プランBを実行した場合、現状より良くなるかどうか、最悪でも今よりは悪くならないといえるかを、よく検討してください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
なごみ法律事務所
http://nagomilaw.com/
住所:〒104-0032 東京都中央区
八丁堀4-12-7サニービル5階A
TEL:03-5542-5210
弁護士 本 田 幸 則
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Copyright(c) なごみ法律事務所 All Rights Reserved.