相手の責任で財産が減少した場合の財産分与

2015-08-31

財産分与の基本は、離婚(別居)時にある共有財産をどのように分けるかという問題ですから、以前は財産があっても離婚(別居)時に共有財産がなければ、財産分与はなしとなるのが原則です。

 

しかしながら、相手の責任で直前まであった共有財産が減少してしまった場合に、この原則を貫くのが不当な場合があります。
その場合には、本来ならばその財産はあったはずと考えて、そのあったはずの財産を前提に財産分与を命じることがあります。

 

裁判例では、夫の不貞行為による示談金等で夫婦の貯蓄がなくなった事案で、夫に対し妻に財産分与として500万円を支払うように命じたものがあります(浦和地方裁判所昭和61年8月4日判決)

 

【関連コラム】
財産分与の基準時と評価時
男女問題コラム目次

 

Copyright(c) なごみ法律事務所 All Rights Reserved.