面会交流は何歳まで?

2018-10-15

面会交流を取り決める際、ほとんどの場合、期限は決めません。

では、いったいいつまで面会交流が認められるのでしょうか?

 

実は、こういう形での議論は見受けられないのですが、理論的には、成人するまでは親の親権・監護権が及ぶので、20歳(2022年からは18歳)までということになるでしょう。

 

しかし、現実問題として、18歳の子が「会いたくない」と言えば、会うことを強制するのは無理です。

 

そうすると、ある程度の年齢以上になると、面会交流は、「面会交流をさせる」というより、「面会交流を邪魔しない」になってきます。

 

では、ある程度の年齢とはいくつかということになりますが、こういう視点から判断した裁判例は、当職が知る限りありませんが、面会交流の間接強制が可能かという争いにおいて、中学生くらいからは、親権者の意思のみによっては実現できないので、間接強制は認めないという決定がいくつかあるため、中学生くらいが目安になるでしょう。

 

一応は、中学生くらいでも、間接強制は認めないものの「面会交流させよ」という形の審判が出ることはあります。

ですが、子供が嫌がっている場合には強制する手段はないという、絵に描いた餅判決になってしまいます(事情によっては損害賠償が認められたりしますが)。

 

10代後半ぐらいのお子さんとの面会は、法律でどうこうするというよりは、それまでのお子さんとの関係で決定されるといっていいでしょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
なごみ法律事務所
http://nagomilaw.com/
住所:〒104-0032 東京都中央区
八丁堀4-12-7サニービル5階A
TEL:03-5542-5210
弁護士 本 田 幸 則
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Copyright(c) なごみ法律事務所 All Rights Reserved.