本人訴訟-弁護士なしで裁判をする-

 

*申し訳ありませんが、現在本人訴訟支援の新たなご相談は受け付けておりません。

弁護士なしで裁判をしたいという方のための支援セットをご用意しました

1 私のケース

私は、4年ほど前に交通事故に遭いました。

車対車、交差点で相手側に一時停止義務がある道路での事故で、こちらの被害は、物損約60万円だけでした。
保険会社経由で交渉していましたが、相手は私のほうが過失が大きいと言っているらしく、全く進展はありませんでした。

私は、示談は無理だと判断し、訴訟に踏み切りました。
その結果、こちらの主張どおりでの解決となりました。

2 あなたのケースでは?

もし、私が、あなたから上記のような事故に関する相談を受けた場合、依頼を受けて裁判をするか?
答えは、NOです。

あなたが、弁護士特約付きの保険(弁護士費用を保険会社が負担してくれる保険)にでも入っていない限り、訴訟はお勧めしません。
なぜなら、あなたが損をするからです。

弁護士に依頼した場合、法律事務所にもよりますが、着手金として請求金額の8%程度が必要です。
通常は、最低着手金を定めている弁護士事務所が多いので、60万円の8%の4万8000円ではすまないでしょう。
そして、あなたの主張が通った場合、これに加えて成功報酬や実費が必要になります。
そうすると、あなたの手元に残るのは、30万くらいとなってしまいます。

時間と労力をかけて裁判をした挙句、本来の請求額の半額程度しかもらえないなら、最初から半額程度で示談したほうが得になります。

しかも、上記は、弁護士が依頼を受けた場合であって、弁護報酬が安すぎて割に合わないとして断られる可能性もあります。 

3 どうしても納得できない方のために

いくら「経済的には、示談したほうがいいですよ。」と申し上げても、相手に言われるがままに示談してしまうのは納得できないという場合があるでしょう。

私も、理不尽な主張が通ってしまうのは何とかしたいと考えていました。
そこで、「本人訴訟の支援セット」をご用意いたしました。

なぜ本人訴訟をするのに弁護士による支援が必要なのか

1 本人訴訟のよくある失敗

裁判は、弁護士に依頼しなくてもできます。

実際、私も、弁護士がついていない方を相手として訴訟をした経験が何度もあります。

しかし、残念なことに、そのようなケースでは、相手が何を言いたいか分からないということが多くあります。
そのような方は、「裁判所はわかってくれるはず」という信念のもとに、思いついたことを感情的に主張しているだけなのです。

2 裁判とは、自分の主張に法律上の根拠があると裁判官に納得してもらうこと

残念ながら、裁判所は、一生懸命主張すれば分かってくれるというものではありません。

もし、裁判官が、「一生懸命主張しているから、この人を勝たせてあげよう。」などと言い出したら大変なことになります。
裁判官は、あくまでも法律に基づいた判決しか書けないのです。

そうだとすれば、裁判で勝つためには、こちらの主張のほうが法律上の根拠があると主張し、その主張を証拠で裏付けて、裁判官に納得してもらう必要があります。

たとえば、上記の私が遭った交通事故の場合だと、「相手に車をぶつけられて、修理代が60万円かかるので弁償してほしい。」ではダメなのです。
この場合、相手への請求は、民法709条という法律上の根拠があると書く必要があります。
そして、民法709条には「過失によって」「他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した」ことが必要だと書いてありますので、これに該当する事実を書く必要があります。

ここで、「過失」とは「注意義務違反」をいうという法的な定義があるので、どの行為が「注意義務違反」に当たるのかを書く必要があり、さらには「注意義務違反」の前提として、相手が「どんな注意義務を負っていたか」を書かないといけません。

あなたは、自分一人でこれらのことが出来るでしょうか?

3 私があなたを支援します

弁護士は、あなたが巻き込まれているトラブルについて、あなたから話を聞き、
「事実」と事実に基づいてあなたが「判断」したこと、その結果あなたがどんな
「感情」を抱いたかを区別します。

そして、あなたが望むような結果となる「法律」を探し、その法律に書いてある効果が認められるために必要な「事実」を抜出し、それを裏付けるためにどのような証拠が必要かを判断します。
そのような訓練を受けているのが弁護士です。

あなたが、「弁護士に依頼するのは費用倒れだけれども、どうしても納得いかないので裁判をしたい。」という場合、ぜひ一度当事務所にご相談ください。

本人訴訟支援セットの内容
報酬10万円
サービス内容訴状または答弁書の作成、本人訴訟の手続きに関する説明、訴訟提起後3回までの相談(1回1時間)

 

Copyright(c) なごみ法律事務所 All Rights Reserved.